うちのブログについてPEST分析してみる[運営方針を改めて見直す]

  • LINEで送る

雑記ブログ形式で50記事以上書いてみて、なんとなく良いと思う部分とそうでもないところがわかっているようでわからないまま、書き進めていくのか考えていました。

それでいまは振り返りの時期にしよう、方針固めをしっかりとしてみようということになり、方針を見直すとはについて調べてみました。

方針を見直すとは、①環境分析、②戦略立案、③施策立案と3つの段階に区切ることができるらしくて、その中から環境分析のPEST分析というのをやってみようということになりました。

PEST分析とは

Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの単語の頭文字からとったもので、事業を取り巻く状況について考えます。

環境要因には、大きな視点で見るマクロ環境要因と、より小さな視点で見るミクロ環境要因とがありますが、PEST分析はマクロ環境要因を扱うマーケティングフレームワークです。

上に挙げた政治、経済、社会、技術とそれぞれ現状把握をして、たとえば政治と経済、社会と技術のように組み合わせて考えたりもすることで多角的な洞察を得ることができます。

目標はマクロ環境のトレンドに乗ることで、しっかり分析することでそんな魔法のようなこともできるらしいぞということで、超重要な工程でもあるわけですね。

Politics:政治的要因

たとえば今だったらわかりやすいのが新型コロナ対策の政治施策が行われているとか、自動車運転免許更新の違反者講習(涙)で言ってた、スマホ持ちながら運転すると厳罰になるとかなったとかそういうことですね。

特に自社や業界のビジネスに影響するような政治的規制や規制緩和といったものに目を向けて、分析の対象にしていくわけですね。。

テレビではだいたいネガティブなことばかり報道されるんですが、そういったノイズはうまくスルーできる力を身に着けつつ、関連性の高いニュースだけをピックアップできるようにしていきたい。

たとえば自民党政権の支持率が落ちてるとかネガティブな話も、良い風に変わっていくかもしれないとかポジティブな方向性で物事をとらえるということも心がけていきたいと思いました。

Economy:経済的要因

震災のときやリーマンショックのとき、それからまた政治に引き続き新型コロナの話になりますが、経済に大きなインパクトを与えることを気にしていきます。

そもそも日本は社会の構造に色々問題があって不景気とかよく言われてますが、世界のGDPランキングではアメリカと中国に次ぐ3位だったりするので、その時点で真実とはちょっと違う社会通念だったりします。

人口あたりとするとランキングがだいぶ落ちたりもするので、GDP=景気ではないかもしれないですし、一時期と比べると不景気かもしれないですが、世界レベルでみるとぜんぜん不景気というほどではないんじゃないかなと。

他の要因についても同じことが言えると思いますが、特にこの経済の話については何も考えずに生きているとウソばかり信じさせられて損をしまくるというような世界なので、継続的に勉強は必要と思います。

Society:社会的要因

社会って広いけど政治や経済とも密接に関わっているので、こうやってP、E、S、Tと分けて解説することはある意味ナンセンスなんだろうなと思い始めたりしてます。

いまならSDGsとかうちのブログでも激推ししていこうか迷い中だったりしますが、先日まで行われていたオリンピックとかもそうですよね。

他にも地球温暖化対策とかジェンダーフリーとか、そういったその時期の流行りを織り込んで施策を考えていくということが大事なときと、そうでもないときがある。

どっちなんだ問題もあるけど、その取捨選択もいろいろな分析をする上で大事な能力と思うので、経験を積んで精度を上げていきたいとこですね。

SDGsについて説明した記事はこちら

Technology:技術的要因

技術ってなるととたんに分かりやすくなるかのように思えなくもないけど、やっぱり膨大すぎてよくわからないのは他の要因と同じですね。

専門とする領域だけに絞ればある程度ついていけそうな感じはしますが、それでホントに正しい施策が打てるのかってなるとそれだけとも限らないと思うし。

でも基本は自分たちの領域がメインになると思うので、僕だったらIT関連の技術とか、ブログ周りの流行り廃りとかそういったことをチェックしていくんだろうなと思います。

そういった専門分野を必修科目としておいて、それ以外の関係ありそうなところを時々気にするぐらいがいいのかな、一番いいのは自動化してしまえればいいんだろうなとは思ってます。

SNOWRATIO.COMのPEST分析

何のどこに注目するかはさておいて、技術的な要因も個人レベルで気にしすぎてもしょうがないので、大まかにだけど考えを進めてみました。

まず全体的に色々勉強しないといけないなぁという結論、特に政治と経済、社会については勉強不足でよくわかってない感じがすごいなぁと思いました。笑

ただそれもものすごい苦手なことに論理的に気付けたということは前向きかつ重要な気付きなので、これから時間をかけて改善していこうと思っています。

やっぱり好きなことだけ勉強してたんじゃダメなんやなと、見てる方からしたらバカとしか思われないと思うけど、もしかしたら人生を変えるレベルかもしれない大きな気付きでした。

まとめ

僕がものすごい世間知らずのただのオタクであることが判明した今回の記事、ってでも全く何も知らないわけじゃなくて、なんとなくこうなんやろなというのはわかってるつもりです。

具体的に言語化できるってことは大事なことだと思うので、これから本を読んだり気になるところへ出かけたりしてみて、ふんふんなるほどと見聞を広げていきたい。

人生を変えるレベルなんて大げさかもしれないけど、薄々気付いてたことを論理的に理解できるって、より正しい行動や習慣につながることなので大事なことですね。

たぶん政治と経済と社会についても、本を読んだり話を聞いたりしながら「ふんふんなるほど」と今ある感覚を再認識して言語化いく旅になりそうな気がしてますが、新発見があったらブログに書きたいと思ってます。

参考)Synupse Consultingさんの記事はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。