ダイエットの強化書まとめ[9割の女性が知らないダイエットの基礎を学ぶ]

  • LINEで送る

ダイエットは体重減ってみると意外と楽しかったりする、でも短期的にうまくいっても、長期的に見てうまくいかないこと多いんじゃないでしょうか。

僕も1年前ぐらいに7㎏痩せに成功したんですが、いまはだんだんもとに戻ってきていて3㎏ぐらいリバウンドしてしまっています。

でもほぼ自己流の知識と習慣だけで痩せたので、専門の方が書かれた本を読んで基礎からちゃんと知識をつけて、自分なりに理解を深めてから再挑戦しようと思うに至りました。

根拠と過程に注目する

ダイエットっていつも結果ばかりに意識がいってしまって、その過程や根拠については注目されないことが多いと筆者のINFINITY出版さんは仰ってます。

筆者が匿名とは何事だっていう件はひとまず置いといて、毎日ちょっとずつ痩せて目標体重を達成したけど、思っていた体形と違ってた、というのは多くの方が思われることのようです。

そういう方たちに共通することは、トレーニングやダイエット、延いては体についての基礎的な知識がほとんどないということなのだそうです。

ダイエットで本当に大事なこと

ダイエットで大事なことといえば、運動と食事と言われることが多いですが、本当に大事なことは、継続すること、計画性をもつこと、長期的視点の3つなのだそうです。

たしかに僕も一度ダイエットに成功して、それを長い目で見ながら続けていく、できれば一生楽しみながら続けていかなきゃな、といったことを思ったことがありました。

すごいダイエット法を教えてもらって1カ月で10㎏もやせた、でも痩せたらやめちゃって2カ月後にはもとに戻ったってたぶん世界中いたるところでよくある話ですが。

僕の場合も3カ月で7㎏痩せて、そこから1年ぐらいかけて筋肉も落ちて、食べ過ぎたなと思うたびだんだん体重が増えていったので、結果としては同じことだと思います。

習慣を変える思いと計画性

人生の長い期間で続けてきた習慣でいまの体型なわけだから、それを数カ月で変えようということがどれだけ大変なことか想像してほしい、と筆者は言います。

何も考えずにただ痩せるからという理由で、たとえば無理な食事制限によるダイエット方法を選んでうまくいったとしても、そもそも無理をしているのだから長続きしないのは当然。

計画性をもってダイエットすることで、そういった長年の積み重ねによる、体にしみついた習慣を変えていくことができます。

ダイエットの天敵は不安や焦り、誘惑などからくるストレスと言われてそうだよなと思いましたが、今すぐとか来月とかじゃなく、根本的な思いのレベルから、習慣そのものを変えていく意識が大事のようです。

ダイエットの物理面の基礎

ダイエットの基礎はずばり、摂取カロリーよりも消費カロリーが多いときは痩せるですが、摂取カロリーを減らすと体はバランスをとって消費カロリーも減らそうとするそうです。

だから摂取カロリーを減らすことを意識しつつ、毎日運動の習慣を続けていく、シンプルなこの2つのポイントをおさえるだけ、食べるものも健康的なバランスのとれた食事を選びます。

そして毎日の運動には消費カロリーを上げるための筋トレを無理のない範囲で続けて、消費カロリーが上がった状態で有酸素運動をしてカロリー消費していくというイメージです。

身体の見栄えが大事なのであれば、優先的に鍛えるのは肩と背中とおしりとのことで、目的によって重点的に鍛えるポイントが変わると思いますが、僕の場合はカロリー消費量を重視して一番筋肉量の多い足を鍛えていました。

食事で気を付けること

ダイエットの食事といえば、糖質制限と脂質制限が最初に思い浮かぶ方も多いと思いますが、筆者は脂質制限をおススメしています。

理由は、日本人が長年続けてきた米文化をいきなり変えることは、できなくはないけど精神的負担が大きいからとのことでした。

他にもPPCバランスが大事とか色々書かれていましたが、僕が個人的に思うのはそういう小難しいことを言い出すとややこしくなるだけなので、食事はあまり考えず甘いものを減らすことと食べる量を減らすことです。

ちょっと考え方が違う部分だったので反論させていただきましたが、シンプルな考え方の方が意識しやすいので長続きしやすいと僕は思いました。

数字ばかり気にしすぎない

食事以外に関しては僕もだいたい同意なのですが、この数字を気にしすぎないということについても素直にそうですよねと共感します。

筋肉は脂肪よりも重いので、同じ体形でも体重は重くなりますし、水をコップ一杯飲んだだけでもコップ一杯分は体重が重くなります。

それを尿として排出しても体重が減ったりするので、日々の増減に一喜一憂せず、傾向としてみていくのが大事と思います。

そのためには、たとえばExcelでも、最近ではスマホアプリでも色々出ていますが、体重を入力してグラフにして確認することをおススメしたいです。

体重が増えたり減ったりする理由

※もっとシンプルなグラフで大丈夫です。アセ

まとめ

今回参考にした「ダイエットの強化書」ですが、内容にだいたい同意できたので選んで参考にして記事を書いてみました。

運動についてもそんな難しく考える必要はなくて、慣れてきたら食事を制限して運動をちゃんとしてたらそのうちやせるぐらいに思っていたら、それだけで大丈夫と思っています。

太ってきたら、ちょっと運動足りてないかなとか、最近食べ過ぎよなとか、そういう普通かつ素直な感覚がとても大事だと思います。

僕も画面の下の方にあるTwitterなどで質問していただければお答えしますし、筆者の本はAmazonであれば月々定額で無料で読めるやつなので、考えを詳しく知りたい方は読んでみていただければと思います。

夜食に水だけ飲むダイエットはこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。