リモートワークのオフィスチェアを選ぶ[結論:自分に合ったサイズが大事]

  • LINEで送る

10月からどうやらテレワークになるぽいんですよね、遅ればせながら、元々ブログ書いてたら帰宅後はテレワークみたいなものではあるけど。

でもいざエンジニアとして働かせていただく環境ってなると、それなりのものを選ばないといけないぞということになり、ブログとかYoutubeとか色々みて考えてみました。

何本か動画みたけど結論がわからん、ランキング形式のばかりみたからかもしれないけど、良い椅子はわかったけど自分に合う椅子がどれなのかわからない。

それで何が重要かとさらに調べたりしてみたところ、結局のところ自分にぴったりあった「サイズ」が一番重要、ということに思い至りました。

オフィスチェアの特徴

まず材質が「ファブリック(布)」と「レザー」と「メッシュ」があって、あと背もたれが全くない「スツール」と「ローバック」「ミドルバック」「ハイバック」があります。

アームレストが「ある」ものと「ない」もの、背もたれが「可動式」と「非可動式」のもの、座面の固さが「固い」もの「柔らかい」もの、それぞれメリットデメリットあると思います。

それで自分に合ってるのはどれかっていうと、過去の経験上、布製、ハイバックまたはミドルバック、アームレストあり、可動式、座面がある程度柔らかい、あたりかなと思いました。

じっさいプロに選んでもらったりしたらもっと違う結論になったりするのかもしれないけど、そこはもう固いこと言わずに思った通りで良いと思うに至りました。

※参考にしたサイト:サンワセレクトさん

※ネコつきも捨てがたいです

一番重要な「サイズ」

上記のそれらはあくまでオプションで、まぁ背もたれあたりは同じくらい重要かもしれないけど、一番重要なのは自分にあったサイズだと思います。

特に奥行き、僕はお尻から膝までを適当に測ってみると45~50cmぐらいと思ったので、奥行きが60㎝っていうこの椅子みたいのだとちょっとだけ長いのかなぁと。

奥行き49㎝っていうこの椅子はちょうどよさそう、だけど背もたれがミドルなとこが惜しい感じ、良い感じだけどあと一歩か。

身長は高くも低くもなく平均的な方と思うので、背もたれとかはよほど変わった椅子でない限り、あんまり気にしなくて良さそうと予想しました。

まとめ

けっきょく色々考えながら見てみて、気になっていたAmazonのUMIっていうブランドのこの椅子に決定しようかなという結論になりました、まだ決めてはないけど。

オットマンが付いてたほうが良いかどうかって話もあるけど、職場でそういうのついてたことないんで、ない方が良いのかなと思ったりしつつ。

机よりも座ってる椅子の方が大事、椅子には金かけろってみんな言いますし、僕も経験上たしかにそうだなと思うので、エルゴヒューマンとかのがいいのかなという気もします。

ちょっとお金貯まってきたら考えても良さそう、でもいつものパターンだと壊れない限りなんとなく上記のUMIさんでずっと落ち着きそうな気もしてます。

仕事が本当に100倍速くなる裏技集はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。