鳥海連志の所属クラブチームやTwitterスーパープレイ動画など[漫画やアニメの主人公のよう]

  • LINEで送る

東京パラリンピックの男子バスケ日本代表が銀メダルを獲得、車いすバスケだから簡単なのかって言うと、そんなことはないと思うんですが。

その日本代表の中心にいたのが大会MVPに選ばれた鳥海連志選手、優勝した本場アメリカ代表の選手たちを抑えてのMVPってめちゃくちゃすごいことです。

世界レベルの選手の中でもひときわ目立つ鳥海選手、試合を見ていたらクリエイティビティがすごいし楽しそうにプレーするところが魅力的、ひとつひとつのプレーに鳥肌が立ちます。

正直、僕は今大会で初めて知った鳥海選手でしたが、オリンピックにはない部分の感動がパラリンピックにあることにも気づかせてくれました。

鳥海 連志

生まれつき両足の脛骨欠損及び両手指の欠損、でも他の子どもたちと一緒に自然の中で遊ぶ活発な幼少期だったみたい。

中学1年のとき義足をつけてソフトテニスをしていたところ、車いすバスケのコーチをしていた知人からバスケに誘われ、佐世保WBCに入団して公式戦デビューも果たす。

翌年長崎県選抜チームメンバーとして全国障碍者スポーツ大会に出場されたんですね、すごいスピード出世というか、ものすごい負けず嫌いな性格。

2013年のアジアユースパラゲームスでも優勝に貢献、15歳のときには日本代表の合宿に参加してさらに成長を遂げてきた感じです。

2016年には日本代表で最年少の17歳7カ月でリオデジャネイロパラリンピックに出場、2017年U-23世界選手権でも大活躍したそうです。

その年に高校卒業して、現在所属しているパラ神奈川SCに入団、そこからさらに実績を積んで東京パラリンピックでの準優勝と、MVP選出につながりました。

めちゃくちゃ負けず嫌いで向上心が強い、それは一流の選手はみんなそうなような気もするんですが、あれだけのプレーができるのは日ごろの練習の賜物ということですね。

生年月日1999年2月2日
出身地長崎県長崎市
ポジションガード
背番号
所属チームパラ神奈川SC

鳥海 連志(ちょうかい れんし、1999年2月2日 – )は日本の車いすバスケットボール選手。

長崎県長崎市生まれ、ポジションはガード。

車いすバスケットボールチーム・パラ神奈川SC所属。

車いすバスケットボール男子日本代表選手。

Wikipedia

プレー集MOVIE(※音量注意)

2018年ごろの鳥海選手らしい、今とだいぶ違うって書いてはあるけど、3ポイントも当たり前のように決める、今はもう名実ともに世界最高のオールラウンダーですね。

ボディバランスがすごい、というかスピードもシュートもパスもすべてにおいてすごいんだけども、ボディバランス編です。

車いすバスケ会にも「ひとりだけ動きが違う系の選手」っているんやなと実感できた、プレーひとつひとつに感動しながら見ていました。

なんでもできる全部のせな選手って本当に魅力的に感じる、NBAでいうとレブロンジェームスとか、野球でいうとイチロー選手みたいな感じですね、今後に期待せずにはいられないです。

まとめ

良い仲間やライバルにも恵まれてそう、まだ22歳でこれから日本代表のエースとして何年活躍していくんだろうって思うけど、いつかレジェンドと呼ばれる日もくるのかもしれない。

探しても動画が見つからなかったけど、リング手前で高くボールをついて相手をかわしてシュートっていうのも見ていて鳥肌が立ったスーパープレーでした。

こういう大きな大会か、所属チームのある神奈川県にでも行かないと、たぶん鳥海選手のプレーは見られないのがやや残念な気もしつつ。

世界の頂点を極めた選手のプレー、近くに住んでる方はぜったい見といた方が良いと思うし、また世界大会とかあれば僕も要チェックしときたいと思いました。

NBA得点王・ステフィンカリー選手の記事はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。