危機管理の基本 ⇒ ハインリッヒの法則/ヒヤリハット/1対29対300の法則

  • LINEで送る

1対29対300でおなじみのハインリッヒの法則について、僕のところのブログでも実体験も交えつつ解説したりしてみようと思い立ちました。

別名ヒヤリハットの法則とも言われますが、仕事などでトラブルに気を付けるための「動機付け」として用いられることがほとんどだと思います。

そりゃカウントダウン方式で何個ヒヤリハットがあったら大きなトラブルが必ず1個おきますと言われたら、誰でも気を付けたくもなります。

本当にそうなのか問題もあると思いますが、どのような実験や経験則からハインリッヒの法則が導かれたかひも解いてみましょう。

ハインリッヒの法則とは

事故の予兆に気づいてとりあえず対応できたみたいなことや、危ないことが起きたけど大事には至らなかったようなことをヒヤリハットといいます。

そのような小さな事故あるいは事故の予兆に対して、できる限り予防策を立てておくことで、中くらいの事故や大きな事故も防ぐことができたりします。

逆を言うと、大したことじゃないからと特に予防策を講じないでいると、そのうち中くらいの事故が起きて大きな事故にもつながっていきます。

ハインリッヒの法則は、そのようなシンプルな原理のことを指します。

1対29対300になるとは限らない

1対29対300の法則っていうぐらいだから、世の中なんでもそうなってると勘違いしがちな僕たち私たちですが、そんなわけはないです。

損害保険会社で技術・調査に携わっていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが、ある工場で発生した数千件の労働災害を統計学的に調査した結果、この法則を導き出した。

HRProさんの記事 ⇒ https://www.hrpro.co.jp/glossary_detail.php?id=115

ハインリッヒ師匠が実験したその「ある工場」での割合がそうだったというお話で、「だいたいイメージとして」それくらいと説明するには良い感じではあります。

実際はその現場ごととか時代ごとで違う数字に落ち着くと思うので、場合によっては個別に調査してみる価値もあるんじゃないかと思ったりします。

日ごろから防災対策に気を配る

本当の言いたいこととしてはそのことに集約される感じで、小さな「ヒヤリハット」のうちに対策を整えておいて、大きな労働災害を未然に防ごうという考えです。

災害というと地震や台風のような突発的なものを想像しがちですが、そういう単体で発生するものだけではもちろんありません。

ひとつ具体例をあげるとすると、顧客からの小さなクレーム、社内の人の不機嫌などから、なぜそうなったのか原因を推察して防止します。

たとえばゴミがときどき落ちてるとか、商品の陳列がよくないとか、不愛想な店員がいるとか、色々あると思いますが、その中でも変えやすい順に変えていく感じで良いと思います。

ヒヤリハットの定義がとても大事

どんな事故を予防したいのかによって、ヒヤリハットとして設定する事柄も変わってくると思うんですが、意外と勘違いしやすいポイントでもあります。

たとえば僕はとある団体の補助金審査の仕事をしていたことがありますが、その場合気にするべきなのは誤字脱字よりも書類がそろっているかとか、要件を満たしているかとかそういったことです。

いくら誤字脱字の数を数えて注意しても、要件を満たしていない書類の発見にはつながらないどころか、本来見るべきところを見れない結果につながりかねないです。

車を運転していて側道ばかり気にして事故る、みたいなことはないと思うけど、わかりやすく言うとそういうことで、気にするポイントが間違えているとそれが原因で大きな事故につながることもあります。

運用を考える際には時間をかけてみんなで話し合って、できれば専門家も呼んで、経験者の意見もよく聞きながら検討するべきことと思います。

まとめ

ヒヤリハットが起きなくとも、常識で考えられる範囲で気を付けておいた方が良いことは気を付けておくとか、トラブルを起こさない「意識」は何より大事と思います。

そのためのハインリッヒの法則であり、クレームの原因分析であるわけなので、目的意識の共有という意味でも価値のあることと思います。

長く運用を続けていく上では、そうした方がいいではなくそうしないといけないというMUST課題と思いますので、なんとなく運用じゃなくすぐ取り入れられた方が無難です。

こういう基本とか常識をいくつ知っているかというのが、いざってときに効いてくるので、たくさん知っておけたら良いですよねということで、今後も法則関係の記事は続けていきたいです。

カテゴリー「仕事の雑談」

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。