聞き流しで簿記3級を勉強しなおし[15年ぐらい前にとったので覚えてなかった(そらそや)]

  • LINEで送る

SEOとか無視してだんだん日記っぽくなっていく予感がするうちのブログ、元々「当たるわけないよな」と思いながら書いてるので日記みたいなもんなんですが。

いま絶賛、簿記2級の工業簿記の勉強をしないといけないんですが、話を聞いててなんとなく言ってることはわかるんだけど、頭に入ってこない。

特に仕分けのあたりが頭に入らない、一番大事なとこだと思うんですが、となると簿記3級をちゃんとは理解できてないんだろうなという結論に至りました。

たしかに仕分けの問題って息切れ気味に解いてた淡い記憶がありまして、あれはもう慣れというかそういうものとして解いていくしかないと思います。

たぬ吉さんの簿記3級の動画

勉強しなおしってなると重いだるいって思いがちですが、僕の場合は効果とか度外視して、とってもイージーな方法で勉強します。

どうするかっていうと動画を聞き流すだけ、このブログを書いてる最中も裏でYoutubeを流してたりして、聞いたり聞かなかったりしてます。

たぬ吉さんのYoutube「簿記って何?」

聞き流すだけで勉強になるのか

聞き流すだけだとたぶん勉強にならないと思いますが、ショップで働いたりしてると「あの曲よくかかってるなー」ってなる感じで、何回も聞いてると覚えてることも多いです。

一回や二回では覚えないのもショップで働いてる、または働いた経験がある方なら感覚わかるんじゃないかと思いますが、要は何回も聞き流します。

勉強は音楽と違って一語一句大事だったりするので、聞き流しだけでは覚えきれないこともたくさんあると思いますが、聞き流しで店の配置を決めて、最後に勉強をして商品を置いてくイメージですね。

なぜか最後まで無理やりショップにたとえようとしてみてるけど、まぁできれば聞き流しじゃなくて集中して勉強できるに越したことはないですけどもね。

なつかしい単語がいっぱい

売上原価のところで「しい・くり・くり・しい」とかあったなーって、商工会議所での講義を懐かしく思いながら見ていました。

決算のフォーメーションとかね、一度勉強していると忘れてもまた思い出すだけなので、イチからと比べてかなり早く進められると思います。

興味があることだけでいいと思うので、ひととおり勉強しておけば何か見た時に思い出せるし、学びなおすのも時間がかからないです。

まとめ

簿記2級を勉強するには簿記3級を思い出す必要があることに気づいて、めんどくさいので聞き流しで勉強し直ししてみてますという記事でした。

聞き流しでいいのかという問題については、初めての分野じゃないから頭に入りやすいのと、仕上げにちゃんと勉強しようっていうそこはかとない決意とともにそれでよいことにしてみました。

うまくいかなかったらまた別の方法でやってみればいいだけなので、今回は聞き流しで簿記3級を勉強し直ししてみようと思います。

うまくいった経験というのはあるようなないような、英語とかは聞き流しだったような気しますね、いまだにあんまり得意ではないけど。笑

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。