長文ブログを書けるようになる方法について赤裸々に解説してみる[1つずつ丁寧に]

  • LINEで送る

ブログを書くのって難しいと思われる方も多いかもしれないですが、色々書いてみてシンプルにした方法を適用すれば、誰でも簡単に書くことができるようになります。

僕が悩んでいるのは書き方云々よりもテーマを考えることなので、書き方についてはいくらでもお教えすることができるのです。

なので書き方を教えるので、代わりにテーマをコメント欄に書き込んでほしいです、なんていううまくいくとは到底思えない今回の企画。笑

コメントもらえなくてもいいのです、アクセス数さえ稼げれば、なんていう浅はかな考えとともに、自分の考えを整理する意味でもまとめてみたいと思います。

長い文章を簡単に書く方法

長い文章を簡単に書くためには、テーマを決めることや目次を考えることが重要で、目次の骨格をしっかりと作ってから文章の肉付けをしていくイメージです。

テーマは何でもいいのですが、売れそうなテーマとなるとちょっと話は変わってきて、Googleトレンドでキーワードを調べたり、マーケティング的な要素も重要になってきます。

そしてテーマがこれと決まったら、こんどはそのテーマに対して説明の順序を意識しながら、詳細な目次を作っていきます。

テーマが大きくて目次がまだ大まかすぎる場合は、さらに各章について詳細な目次を作っていき、それでもまだ大きすぎる場合はさらに詳細をといったことをします。

記事のネタ探しはこうする

最初は大丈夫と思いますが、何記事も書いていくうちに書きたいことがない、ネタがない状態からどう抜け出すかというのが大きな壁になって、ブログをやめてしまう人ってけっこうたくさんいると思います。

記事を書く方法はわかっても、ネタがないとどんな文才がある人も良い文章は書けないと思いますし、悶々と悩みながらネタ探しばかりしているのも大変なことです。

考えて考えてネタをひねりだすのもひとつとは思いますが、本当はブログ記事のネタというのは日常生活の中に転がっているものと思っています。

最初は少ししか見つからないかもしれないけど、長く続けていくと徐々に記事のネタになりそうなことに敏感になって、最終的に困らなくなっていきますので、文章力だけじゃなくネタ探しについても日々研鑽が必要になります。

なるべく詳しく目次を作る

プログラミングの世界でも、ひとつの大きなシステムを部品にわけて、一個ずつ設計して作っていくようなことをしますが、それとも似たような考え方ですね。

言ってしまえば目次は詳細であればあるほどいいと思うのですが、目次をひたすら詳細にするだけで文章を構成することも理論上はできなくないと思うので、そういう考えで目次づくりを進めていきます。

これ文章にした方が楽だなと思うところまで分解できたら、文章にしていくぐらいでも問題ないような気もします、やったことはないですが。

そこまでしなくとも、ある程度小分けにできればかなり文章は書きやすくなりますので、可能な限り目次を詳細に増やしていってください。

文章を肉付けする

目次の章立てがしっかりしていれば、自ずと文章も書きやすくなっていくと思いますので、原稿用紙半分(200文字)から1枚(400文字)ぐらいを目安に作っていくといいと思います。

目次ができたら、その200文字~400文字ぐらいの文章を、ひとつずつ書いていって肉付けしていくのを繰り返すだけで、長い文章を書き切ることができると思います。

ただし簡単とはいえ、4,000文字とかの文章をすべて書き切るにはそれなりの時間が必要になると思いますし、さらに上手に書こうと思うと、練習したり推敲を重ねたりといった手間も増えていくことになります。

結局は勉強とか慣れとかそれ以外で学んだこと、経験なんかがものを言う世界なのですが、いまの自分の限界を出し切るためには、この目次を作って肉付けする文章作成法は、必ず役に立つと思います。

ネタや構造をパクる人たちの考察

冒頭でネタ探しに困りがちということを書きましたが、邪道に走るのであれば記事のテーマや骨格、構造をパクるというのもテクニックのひとつです。

それがルール上、許されることであるのならば裁くことはできないので、腹は立つかもしれませんがテクニックのひとつという解釈になってきます。

ただそれを続けたところで、パクった側の人には少ししか力がつきませんし、オリジナリティはないですし、いつか手詰まりになるので長く続けていくのもままならなくなると思います。

時代を生き抜くための実力をつけていくためには、楽して得する道に逃げないこと、何でも下へ堕ちてしまうと這い上がるのは大変なので、最初から変な道に堕ちないよう気を付けることが大事と思います。

まとめ

SEOの中でも長文を書くという技術はがんばって身につけるのは大変なことなので、長文を書くための簡単な方法について解説させていただきました。

まずテーマを決めて目次を作っていきますが、このときなるべく詳細な目次まで作っておくと、あとで文章を肉付けしていくときにとても楽になります。

文章は1つの目次に対して200文字から400文字を目安にすると、ちょっと思ったことを簡単に表現できると思いますので、ぜひ試してみてください。

また僕の尊敬する野口悠紀雄先生の「超文章法」には、これのさらにパワーアップ版の考え方が書かれていると思いますので、興味ある方は読んでみてください。

生産性を上げる仕組みについての記事はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。