休日の過ごし方100本ノックしてみた[土日や休日になにするかブレスト]

  • LINEで送る

さぁ休みだってときに何がやりたいかわからない、ちょっと考えてドライブとかカラオケとか適当に予定立てて、楽しければそれはそれでいいのかなという気もします。

でも思いつくものって何気にパターン化されていて、しかもそんなにたくさんの選択肢って思いつかなくて、そのうち飽きてまた引きこもり気味の生活に戻る、みたいなのはちょっと辛いです。

そろそろ人生でそういう無駄な時間を過ごすことにも終止符を打っていきたい感じ、選択肢なん個ぐらいあったら自分は満足なのかも含めて考えてみたいと思い記事を書いてみました。

正しい休日の過ごし方とは、それを踏まえたうえで休日の過ごし方100本ノック、そしてなぜか自分の目指すべき方向性を考えることについても言及してみました。

正しい休日の過ごし方

土日が休みだったらだいたい日曜日のお昼ぐらいから憂鬱な気分になりがち、謎の虚無感に襲われたりすることもあって休日ってなんやねんっていう気持ちになります。

なんでそういう気分になるかというと「何も新しいことに挑戦していないから」で、人生短いってこともあるし本当は休みのたびに何か新しいことに挑戦するべきなんですね。

僕が地方に住んでるってこともあるんですが、新しいことってそんなたくさんなかったりして、でもその中で新しいことを取り入れるにはもう、心がけることを変えていくしかないと思うんです。

なのでたとえばカラオケに行くにしても必ず1曲は新曲に挑戦するとか、ドライブも通ったことがない道を通るとか、そういったことを心がけるだけでぜんぜん違ったりするものです。

休日の過ごし方100本ノック

そんなわけで、最初の段階で選択肢は多いほど良いだろうということでひとりブレストしてみて、その中から選んでいく感じにしようかと思います。

自然と触れ合う

  1. 山登り
  2. 海水浴
  3. 川遊び
  4. 公園散歩
  5. 釣り
  6. 森林浴
  7. キャンプ
  8. ラフティング
  9. 昆虫採集
  10. 山菜取り
  11. 果物狩り
  12. 田畑を愛でる
  13. 季節の草花

木々に触れたり水に触れたり、動物や昆虫、果物や野菜なんかも、コンクリートやデジタルじゃない昔ながらのものは人の心を癒す不思議な効果があります。

街へ繰り出す

  1. ドライブ
  2. カラオケ
  3. 買い物
  4. ウィンドウショッピング
  5. 図書館
  6. ペットショップ
  7. 動物園
  8. 水族館
  9. 映画
  10. 街ブラ
  11. 風景写真
  12. 美術館
  13. 博物館
  14. スポーツ観戦

よくあるいま風な遊びもストレス解消とか非日常を体験する意味で効果的、そればっかりになると逆にストレスになりそうだけど、限度は弁えて街へ繰り出していきたいものです。

※[激推し!]FIFAワールドカップカタール2022のすごい選手リスト

のんびり外食

  1. ハンバーガー
  2. ドーナツ
  3. 和菓子
  4. 焼肉
  5. ラーメン
  6. うどん
  7. 焼き鳥
  8. ファミレス
  9. カフェ
  10. 喫茶店
  11. スイーツ
  12. お土産
  13. 友人知人の店
  14. 新しくできた店

ごはんの魅力に勝るものなし、いまの日本にはなんでかわからないけどおいしい食べ物があふれていて、太りたくないって思うだけで地獄みたいな謎の苦しみを味わうこともあったりなかったり。。

アクティブに運動する

  1. スポーツジム
  2. フットサル
  3. バスケットボール
  4. バッティングセンター
  5. ボーリング
  6. 卓球
  7. ウォーキング
  8. ジョギング
  9. 筋トレ
  10. アスレチック

運動することでとれる疲れっていうのもあって、デスクワークとか目の疲れとか、凝り固まった体の筋肉をほぐすことで色々良い効果があります。

パワースポットで癒される

  1. 滝のある公園
  2. 夜景スポット
  3. お寺
  4. 神社
  5. 教会
  6. 名所
  7. リラクゼーション
  8. 岩盤浴
  9. 川の上流
  10. 絶景スポット
  11. 星の見える丘

自然と戯れる感じに近いけど、いわゆるパワースポットという神聖な気持ちになるような場所、あるいはリラクゼーションのような癒してくれる人がいるところというのは、治療に近いような回復効果があると思ってます。

真面目に仕事の準備をする

  1. ファーストフード店
  2. コーヒーショップ
  3. 公共施設
  4. コワーキングスペース
  5. レンタルオフィス
  6. セミナーを受講
  7. オンラインイベント
  8. 問題解決のアイデア出し

他が不真面目ということでもないですが、仕事の準備をしておくことで備えあれば憂いなし、常に安心していられれば焦りみたいななくていいストレスから解放される、当たり前だけど借金とかもない方がいいですね。

自宅で引きこもって楽しむ

  1. 読書
  2. ハンドメイド
  3. 独学
  4. テレビゲーム
  5. 録画した番組を見る
  6. 映画を見る
  7. インターネット
  8. 掃除をする
  9. 片づけをする
  10. ペットと遊ぶ

何カ月とかずっと引きこもってるとちょっとおかしくなってくる部分もあると思いますが、たまの休日に家で非生産的な時間を過ごすのも、生産性を上げるために必要なことと言われてます。

貪欲に副業で稼ぐ

  1. ブログ
  2. せどり
  3. ネット販売
  4. 宅配
  5. クラウドソーシング
  6. 株式投資
  7. 投資信託
  8. 仮想通貨
  9. 家庭教師
  10. 臨時講師

時は金なり、休みも働くみたいなド根性人生もあっていいと思う、幸いなことにいまはウーバー〇ーツみたいなほどよい運動を兼ねた副業もあるし、健康を意識して普段の仕事とは真逆のような副業がおススメと思います。

ボランティアで心を清める

  1. 募金
  2. 献血
  3. ボランティア募集サイト
  4. ゴミ拾い
  5. 骨髄バンク登録
  6. 寄付
  7. NPOについて調べる
  8. 市民活動施設を訪問
  9. SDGsについて学ぶ
  10. ネットボランティア

無償のボランティアというのはそれでしか得られないような清らかな気持ちにさせてくれる、単なる自己満足と言われたらそれまでかもしれないけど、それはそれで大切な行いだなぁと大人になって気が付きました。

というわけで、本当に100個できて意外と思いつくものですねという感想、だいたい1時間ぐらいで完成したけど、まだ他にも色々ありそうですね。

目指すべき方向性の考え方

選択肢がたくさんあることはわかったけど、自分の目指すべき方向性がわかってないと、何するか決められないと思うので「目標」の部分は普段からよく考えておく必要があります。

目指すべき方向性の考え方としては、自分の価値観としてどういったことを大事に思っているかと、何が人よりも得意か、好きなものやことは何かを考え続けることが大事みたいです。

目指すべき方向性の考え方について、詳しくは上の書籍に書かれているので、お時間のある方はぜひ買って読んでみてください。

まとめ

休みの日は何か新しいことをひとつでもやっておくこと、そうすることで日曜後半から月曜日にかけての憂鬱さに打ち勝つことができそうです。

また選択肢をあらかじめ100個用意しておくことで「何をするか」で悩むことが少なくなると思うので、本来のやりたいことや新しい要素をちょい足ししやすくなります。

そして普段からよく考えて、自分が何をやりたいかをちゃんと知っておくことで、さらに決断を早めることができたりもします。

休日もただダラダラ過ごすのではなくて、メリハリをつけて成長につなげていけたら、人生が全く違うものになっていくと思うので、まだの方はぜひお試しください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。