自分が偉いヒトかどうか一目瞭然にわかる方法[肩書きと人となり]

  • LINEで送る

仕事中とかマウントとってくるおじさんとかいますけども、そういうとき一歩引いて考えるクセをつけたいなと思って記事書こうってなりました。

自分が偉いかどうか、延いてはそのマウントおじさんとか友だちとか知り合いとか、どれくらい偉いヒトなのかすぐわかれば、冷静になれるんじゃないかというお話。

たとえば僕の場合は地方の駅弁大学と大学院をでて、ずっと平のシステムエンジニア一筋な感じで、その他は特に何もない、ブロガーなんて底辺の仕事だし。笑

でも文章が書けるぞっていうのはちょっと自慢にはなったりするし、あと国家資格もいくつか持ってたりしますね、果たしてそういうことなんだろうかも踏まえつつです。

肩書が偉いヒトとは

いわゆる会社での役職とか、経営者であるとか個人事業主であるとか、僕の場合ヒラ社員だけど個人事業主でもあったりするので、一様に同じ評価はできないとは思うけど。

ただ社長よりは偉くないよねと、部長や課長よりもたぶん偉くはない感じする、でも個人事業主的一面を持ってることで、自分で考える頭は経営者並みに持ってる自信はあったりします。

でも肩書きが偉いっていうのはそういうことではなくて、やっぱり社会の中で自社はどういう位置づけかとか、それに加えて会社での序列に応じて決まるものと思ってます。

僕は派遣社員なので会社では底辺に近くて、肩書としてはぜんぜん偉いヒトではないけど、仕事は人一倍こなしてる自覚はあったりします、心境はちょっとフクザツです。笑

人となりが偉いヒトとは

人として偉いヒトってなると社長とか部長とか関係なくなって、社会にとっていいことをしてる人がそうなのかなと思っています。

また僕の場合を引き合いに出すと、比較的安い賃金でたくさん仕事をしているので、日本の賃金低下に拍車をかけてると言える意味では偉くない人です。笑

それをよく働いてるとか、縁の下の力持ちとか評価してくださる人がいたら、たぶん僕はその人を神様みたいに思うだろうけど、でもやっぱり間違った考えかなとも思ったりします。

働いたらちゃんと給料をもらわないといけない、でもその働くというのは何がどれくらい価値を生み出すかで評価は変わってくるので、作業量がすべてというわけではなくけっこう難しい話です。

【初回初月無料おためし/dTV】月額550円(税込)映画やドラマ、音楽ライブまで、話題作ゾクゾク追加中!

偉いヒトになる可能性を秘めた人

その2パターンしかないのかって言われたらそんなことないと思いますが、代表的なのはそれらかなと思っていて、そうなるためにはどうすればいいのかと。

答えを見つけるために一人旅にでも出たくなるかもしれないですが、子どものころから何回も言われていることで、それは一にも二にも勉強しかないと思っています。

勉強すればだれでも偉くなれる、逆を言うと勉強でしか偉くなれないのが民主主義なんだろうなと思う、悪いことをしてお金を儲けてもそれは偉いヒトではないです。

その行いは世間が見てなくてもひとりだけ必ず見ている人がいて、それは神様とかスピリチュアルな話ではなく自分自身と心得ておくべきです。

まとめ

肩書きってそんな偉いヒトの基準じゃないだろうっていう人もいるかもしれないけど、やっぱりそうなるためにはそれなりの努力をしないとダメなわけなので、どんな人でも偉いところがあるヒトと思います。

人として偉いヒトも世の中にはたくさんいると思っていて、ストイックな生き方をしてなくても人に迷惑をかけずに人生を楽しんでる人とか僕は偉いと思います。

子どもをしっかり育ててるお母さんとか偉いと思うし、素直に良いことは良いと言える人、悪いことを悪いと認められる人も偉いなぁと思います。

そうなるためには、勉強しかない、実学って言いますが、役に立つ勉強をしていきましょうこれからも、というお話でした。

勉強が好きになる方法の記事はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。