必要なのは理解して改善していくこと[反省をやめると人生が楽になる話]

  • LINEで送る

人生ハードモードでストレスたまりまくり、胃に穴が空いて入院とか病気したとか血を吐いたとか、働いてると色んな人に遭遇するものですが。

そういった苦労のもとに今の日本の社会があるのですねと考えると、そういった方の苦労というのはとても尊いもののように思えたりもします。

話のレベルは一気に下がるけど、僕は趣味で競馬の予想をしていて、当たらなかったら何がよくなかったんだろうと反省するばかりでちっとも当たるようにならない。

それと同じことを仕事でしてしまってないかって考えたら、たぶんしてるんだろうなと思って、色々変えていったら生きやすくなった(気がする)っていうレポートです。

見ざる言わざる聞かざる

そもそも何を元にしてそういったことを考えたかっていうと、昔から言われてる見ない言わない聞かないっていうお猿の話ですね。

親から悪いことは見るな、言うな、聞くなと教えられた3匹の子ザルが、大人になってそれぞれサル社会で成功していくっていうお話です(たぶん)。

それは人間社会でそのように実践しなさいっていう教えがあって、誰がやってもだいたいうまくいくってことで、その教訓が今でもことわざになって語り継がれてるということですね。

反省ではなく理解と改善

見ざる言わざる聞かざるっていうことわざを思い出して、なるほど反省っていうのは悪いところばかり見て考えてばかりだなと気が付きました。

そもそもなんで反省なんていうクセがついたのかって考えたら、そういう教育の強烈なやつをどこかで受けたのでしょうね、どこだったか忘れたけど。

そうじゃなくて、より生活を豊かにするためにはそのことをなぜ良くないと感じるのかから始まって、どうすればうまくいくかまで考えて取り入れていく姿勢が大事と気が付いたわけです。

継続的な努力と根気は必須

よほどよくできた人じゃない限り、人間ってほっといたらけっこう間違えるもので、僕も何か10個仕事をしたら2つとか3つは細かいこと言うと間違えたりしてるんだろうなと思いながらやってます。苦笑

子どものころテストで100点ばかり取ってた人って、いなくはないけど少ない、要は平均点が70点の人なら100点取る気なら30点分は努力と根気が必要ってことになります。

それこそ勉強するぐらいの努力は必要、大変といえば大変だけど、正しく改善できたら結果がついてくるのでイヤになるってことも反省してた頃と比べたらあんまりないし、疲れたら休めばいいだけと思います。

asoview!遊び予約・レジャーチケット購入サイト[PR]

まとめ

競馬だけじゃなく、仕事でも人間関係でも何かと間違いが多い気がする自分、でも周りの人々も同じくらい間違えてたりするもんなんですね。

だから少しずつでも自分や環境について理解して改善する努力をしていけば、人生は楽になっていくものと思いましたというお話でした。

見ざる言わざる聞かざるは、情報化社会ではちょっと常識外れのようにも思えてしまうけど、そんなおかしな時代だからこそ、逆に情報を遮断してみるという必要もあるのかもしれません。

仕事にならんじゃないかとも思ったけど、それは程度の問題と思っていて、なるべく「いらんことならしない方がマシ」が正解なんだと思います。笑

人に相談する基準について考えてみた

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。