メルカリに出品するときのチェックリストを作ってみた[ペナルティにならないために]

  • LINEで送る

普通に出品してただけの気でいた、僕のメルカリ。

今日も祝日ということで部屋の掃除をして、いらないものを出品してました。

そしたら、初めて運営担当の方からメールがきて、ペナルティらしきものを食らってしまいました。

2回目は許されないので、そうならないようにチェックリストを作ろうっていう企画です。

メルカリの出品チェックリスト

そもそも売れるものなのかから、需要と供給とかも考慮に入れたチェックリスト。

できれば改訂もしていきたいけど、とりあえず必要な分から入れとこうということで作ってみました。

法に触れないことを確認

僕は本当に何の気なしに昔から持ってる「Microsoft Office 2010」のOEM版を売ろうとしてました。

それで注意を受けてもまだ「何の話?」と思ってたんですが。

パッケージをみたら「パソコンと一体型です」ってかなり大きめに書いてあった、写真も撮ったのに。笑

最近はダウンロードするやつしか使ってないから、そういうの忘れてしまってましたね。

値がつくものか確認

送料を下回ってしまったら寄付とか処分っていう話になってしまうので、少しでも利益が出るかをチェックしときたい。

メルカリの本来目的はボランティア的なフリマなので、利益でないのが本文な気もしつつですが。

せっかく丁寧に梱包して、クロネコヤマトさんの店舗まで持ち込んで送るのだから、少しは手間賃が欲しいというのが人情でもあるわけなので、、笑

目的通り使えるか確認

まず法に触れないことを担保した上で、それ以降を続けていかないといけないですね。

大変失礼いたしましたということで、みごと準拠していたら、こんどはちゃんと目的通り使えることをチェック。

この辺からはいつも通りなので初心者の方向け、いや法に触れないかはもっとみんな知ってるか。笑

梱包サイズを測って確認

僕は主にネコポス(A4サイズ✕厚さ3cm)で送れる、読まなくなった書籍とかを売ってます。

いっこ大きいサイズのコンパクトだと倍ぐらい送料取られるので、なるべくネコポスサイズにおさめたいとこです。

それで元がとれるかなとか考えるんですが、元とれねーやってなったらいつか読むかもと思ってとっとくとかですね。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

まとめ

あとは定期的に値段を下げていって、利益がとれるかどうかっていうラインでずっと止めとく感じです。

その辺は人によってとか保管場所とかによって考え方が違うと思うので、一概には言えない。

オンラインのフリマだと相手の方が喜んでるお顔が見えないのはちょっと残念ですが、まぁ売れりゃいいと思ってます。笑

今回作ったチェックリスト(超簡易版)を活かして、間違いのない取引を心掛けていきたいものです。

休日の過ごし方100本ノック

  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。