なぜか運が良い人になるために必要な3つのポイント[なんとなくツイてる]

なぜか運が良い人になるために必要な3つのポイント[なんとなくツイてる]

運が良いっていうのは、普段気にしてないとなかなか気づきにくいことなのかもしれない。

宝くじ当たったーとか、万馬券とったーみたいなわかりやすいやつならともかく。

ホントは車に轢かれてたとか、落雷が直撃するはずだったとか気づきようがないときもきっとあると思う。笑

そもそも運が良いことに気づけることは、ある種の才能というかそれで道が開けるってこともたぶんあるのだろうなぁ。

夢に向かって前向きであること

自分の中で目指しているものがブレブレだと、どういう方向性に対して運がよかったのかって気づきにくいと思います。

いろんなことに手を出していると、それがうまくいく確率もそれだけ分散して目減りしてしまったりする。

ひとつに賭けてようやくうまくいくような世の中なのだから、意識が分散しているようでは強運はつかめないということじゃないかと思います。

自分を知り環境を知ること

自分がよくわかっていないと、普段どんなのが普通でどういうのが普通でないかって気づかないと思う。

それに自分を知るってことは、人間に対する理解を深めること、延いては他人を知ることにもつながります。

自分がわかって他人もわかる人は、それだけでわからない人より生きやすいと思うし、運も開けてくるものです。

常にマナーを守って清潔感があること

破天荒な強運の持ち主も世の中にはいるとは思いますが、それは確率でいうとほんの一握りの人です。

それをして誰でも幸運に恵まれることといえば、ルールやマナーをしっかり守れて、それでいて清潔感もある人。

あとは強い心、信念をもって勉強なり仕事をすることで、そうじゃない人とは人生の質に雲泥の差が生まれます。

お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら

まとめ:善い行いをしましょう

運がよくなるためには、善いことをしてその習慣を身につけることです。

善いことをしてうまくいく体験を積み重ねると、善いことをするのが習慣になります。

人間は善い行いをするためにみんな生まれてきているので、その使命に沿った生き方をすれば、不思議なことにずっと若々しくもあれます。

努力次第で幸運にも幸福にも恵まれた人生を送ることができるので、一日一善じゃないけど常識を守って善い行いを癖にしましょうというお話でした。

常識は法律より強い話