システム監査技術者 – システム監査基準とは

経済産業省の定めるシステム監査基準について、さわりだけざっくり噛み砕いて説明してみるブログ。

システム監査と監査基準

システム監査はシステムを監査することで、システム監査基準はシステムを監査する人を監査する基準みたいな話です。

システム監査

システム監査人が情報システムをチェックして、情報システムのマネジメント適切生を保証し、改善のために助言を行います。

またリスクへの対処についてチェックして、効率化や変革を支援し、組織の目標達成や説明責任を果たします。

システム監査基準

システム監査基準とは、情報システムのマネジメントをチェックする業務の品質確保と、効率的な監査のためのシステム監査人の行為規範です。

システムの戦略性、有効性、効率性などの監査に加えて、中小企業や省庁、公共団体、学校法人など各種組織体が目的をもってシステム監査を行う場合にも適用できます。

システム監査の判断尺度

情報システムのマネジメントをチェックする基準として、「システム管理基準」を使用することが望ましいです。

もちろん他のガイドラインやマニュアルなど、目的に応じた資料を判断尺度として用いることもできます。