Oracle Bronze DBA – 表

元も子もない感じの「表」というタイトル、OracleだろうがSAPだろうが一番肝心なのは表だと思います。

表がなかったら何作っても意味ないですからね、恐ろしい世の中です(なにが)。

表とは

行と列から構成され、列名があってその中にデータを格納できます。

列にはデータ型やNOT NULL制約、デフォルト値などを設定することで効率よくデータを管理できます。

表へデータを入力するために、フォームや一括入力ツールなどがあります。

表からデータを出力するために、SQLや一括出力ツールなどがあります。

Oracleのデータ型

VARCHAR2(size)

文字列データを格納するためのデータ型です。

sizeは文字列データの長さでバイト数は関係なしです。

ただ最大の長さは4000バイトか4000文字までと、バイト数でも計算されます。

NUMBER(p, s)

精度pとスケールsを設定できる、数値を格納するためのデータ型です。

精度pは最大桁数、スケールsは小数点以下の桁数を指定できます。

精度pは1~38、スケールsは-84~127を指定できます。

DATE

日付時刻を扱うデータ型で、NLS_DATE_FORMAT初期化パラメータを指定した書式を使用する必要があります。

NLS_DATE_FORMATのデフォルト値はNLS_TERRITORY初期化パラメータで指定します。

いまいち説明だけでは意味がわかりづらいですが、何回か使ってみたらすぐ覚えると思います。

CLOB

キャラクタ・ラージ・オブジェクトでメモ帳みたいなたくさんの文字列を扱うデータ型です。

ものすごく大きな文字列データも扱うことができます。

だいたいこれだけでバッチリ

いらんことは覚えなくてよし、NULLが許容されないNOT NULL制約ぐらいだけ一回ミスって教えてもらえれば十分でしょう。

あと主キーとか外部キーとか色々あるにはあるけど、過去に何かしらデータベースを使ったことがあれば触れているような内容ばかりですね。

Oracle固有のものだけ覚えておけば良いと思います、次行ってみよう。

Oracle公式(表)

Oracle

Posted by SNOW