Java – 開発環境あれこれパート2

JDKなどのダウンロードサイトって、けっこうな頻度で更新されるんですよね。

そして開発環境にも色々あるみたいで、良い機会なので調べてみました。

Java開発環境

Eclipse

Pleiadesという、日本語化パックとセットになっています。

「Pleiades All in One Eclipse」という名前のツールとして配布されているみたいです。

こういうITのツールってなんで無料なんでしょうね。

https://mergedoc.osdn.jp/

たくさんの人に無料版を使ってもらって、一部の有料版の課金で売上が上がるフリーミアムという仕組みです。

スマホアプリなどでも、最近はたくさんそういうのが出てきてますよね。

NetBeans IDE

Javaというプログラミング言語を開発した、Oracle社が提供するIDEです。

IDEはIntegrated Development Environment(統合開発環境)の略で、井出さんじゃないです。笑

本家が出してる開発環境ということで、動作や性能などはきっとすごいんだろうなと思います。

https://www.oracle.com/jp/tools/technologies/netbeans-ide.html

こちらも基本無料で、たぶんApp内課金があるんだろうなと思います。

Oracleのデータベースとか、そういうのも含めてビジネスの一部なのでしょうね。

他にも色々あるらしいです

有名なところでVSCodeとか、IntelliJというグラフィカルで使いやすいIDEもあるそうです。

あと比較的新しいものでDockerという、仮想環境で開発環境を提供するものもあるらしい。

僕は初期のAWSで若干拒絶反応を示してしまったタイプの人なので、最近の技術にもついていかないとと焦る今日このごろです。アセ

Java

Posted by SNOW