Webアプリ – HTTPリクエストとHTTPレスポンス

基本中の基本だけど、いまいちよくわかってないなーと思ったので勉強してみます。

こういう自然の森の中でも、HTTPリクエストやレスポンスが飛び交っていると思うと、不思議な気持ちです。

HTTPリクエスト

サーバに対してリクエストするわけですね。

 

リクエストライン

GET

情報を送ってくださいと依頼する感じですね。

HEAD

サーバー情報のヘッダーというものをリクエストするわけですね、サーバー情報とは、ヘッダーとはみたいな。

POST

こちらから情報を送りますというリクエストです。

PUT

ファイルを送りますというリクエストです、POSTじゃダメなんだろうか。

DELETE

サーバーのファイルを削除してくださいとリクエストします、割とよく拒否られそう。

TRACE

リクエストしたものをレスポンスしてくださいというリクエストです、テスト用かな。

 

HTTPリクエストヘッダー

ユーザーエージェント名

ブラウザの種類やOSの情報です。

リファラ

リクエスト元のページはどれかという情報。

更新されている/同じでない

リクエストしたページ等が更新されていたら教えてというリクエストです。

クッキー

よく言われるクッキー、ブラウザに保存されてるやつですね。

受け取り希望

どんなデータを受け取りたいか伝達します。

 

HTTPレスポンス

リクエストした内容によってサーバから返ってくる情報群のことです。

 

ステータスライン

HTTPバージョン

HTTP1.1か1.0かのようなバージョン情報です。

ステータスコード

受付完了とか処理中とか、処理完了といった、たまにみる「404エラー」みたいなステータス情報を返します。

テキストフレーズ

テキスト情報でしょうねたぶん。

 

HTTPレスポンスヘッダー

コンテンツタイプ

HTMLとかテキストとか画像といったコンテンツのタイプ。

再利用期限

ブラウザに保持して再利用して良い期限、こんなのもあるんですね。

最終更新日時

そのまま、最終更新日時です。

エンティティ情報

ブラウザのキャッシュとサーバ上のデータが一致しているかどうか、確認するための情報です。

キャッシュ制御

プロキシによるデータの扱われ方を設定します。

接続状況

一回の接続を持続するのか、毎回切断するのかなどを返します。

移動先

リダイレクトする場合の移動先を返します。

また少しだけ賢くなったような気になりました。笑

Webアプリ

Posted by SNOW