争いを起こさないための考え方[先人の教えと常識のバランス]

すべての争いごとのもとになるのは何だろうとひも解いてみると、どうやら善悪の基準とか正義とかそういったことらしかったです。

またその善悪の区別や正義といったものには、本当に正しいひとつというのはおそらく存在しなくて、この理論ではこう考えるのが正しいとか、そういったものらしかったのですね。

たとえば科学とスピリチュアルを例にとると、共通するところもあればお互いに否定しないと成り立たない部分もあって、そういうのが許せない人は許せないのだろうと思います。

そうなると争いが起きてしまう原因にもなるわけで、正しさを主張し合うことが争いの種になると、それは宇宙が始まったときから続いている絶対的な法則なのだろうと思います。

続きを読む

ピーナッツを少しずつ食べることを覚えた話[史上最強の大人のおやつを手に入れた ⇒ ※カフェを開きたい]

三話構成のピーナッツを食べ過ぎる話シリーズ、ついに完結して番外編ということで、ピーナッツを食べる量を制限できるようになった話。

栄養価的にたぶん最強のおやつ、コスパも含めて僕の知る限り最強、唯一の弱点は封を開けたまま放置するとはんなりしてしまう点ですね。

はんなりする以外は特に欠点らしい欠点は見つからない、おやつ界のクリスティアーノ・ロナウド、あるいはイチロー、ステフィン・カリーといったところか。

スポーツ見る人以外にわかりにくいたとえはこの辺りにしておいて、番外編のピーナッツを少しずつ食べられるようになった話を進めていきましょう。

続きを読む

オフィスカジュアルについてそろそろ決着をつける時がきたようだ

クールビズまでは許すけどオフィスカジュアルは許さない、だって何を着ていけば正解か皆目見当がつかないじゃないか。

色々思い悩んだ末にそのような結論に至り、それならとブログ書きながら結論を探す旅に出ようと心に誓った40過ぎたおじさん。

じゃなくて、なんとなくはわかるんだけど、どこからイエローカードでどこまでいったらレッドカードなのか、そろそろ決着をつけたいのです。

「こんな服装はイエローカード」とか示してくれるのはありがたいけど、ファッションってそんな通り一遍じゃないし似合う似合わないもあるわけですし。

続きを読む

ジェイソン・テイタムを特集してみる[東京オリンピックのエースはピースフルフェイス]

NBAのボストン・セルティックスに所属するジェイソン・テイタム(JT)という選手がいまして、バスケ見てる人はみんな知ってるけど見てない人はたぶん知らない。

1試合あたりの得点が30点近いトップスコアラーですが、プレースタイル的に観客を煽るでも相手選手とバトルするでもなく淡々と得点を重ねていくタイプです。

元ウォリアーズで、現ブルックリン・ネッツ所属のケビン・デュラント選手に似ているとデュラント選手本人も認めていて、玄人好みの選手と言えるでしょう。

お顔もピースフルフェイスなので、どんなにすごいプレーをしてもほのぼのしてしまうという面も確かにありつつ、どんな選手なのか僕もあまり知らないので紐解いてみましょう。

続きを読む

コオロギチップスを他の食べ物と比較してみる[たんぱく質が豊富]

最初に、虫を食す感じがよくわからない、正確には自転車に乗ってて口に入って食べたことはあるのかもしれないけど味はしなかったです。

だから食べたことにはなってないと思っていて、口に入ってしまって間違って飲み込んでしまった感じなので、食事ではなく「誤飲」ということになりますね。

そんな話はどうでもいいんだぞと、近所のドラッグストアで見つけてしまった「コオロギチップス」なるものに、日本が昆虫食に浸食されようとしているのではという危機感を覚えたので色々調べてみました。

ポテチと比べるとたんぱく質がかなり多いとこがポイント、筋肉つける人たちが飲んでるザバスとかと比べてみると、意外な真実が明らかに。

続きを読む

ジェイドン・サンチョを特集してみる[圧倒的ドリブルテクニック]

ドルトムントからEPLのマンチェスターユナイテッドへ移籍が決まった、21歳イングランド代表のジェイドン・サンチョ選手を特集してみる回。

まるで手でボールを扱うかのようなボールタッチ、コントロールとか、視野が広くてゴール前でも最善のプレーを選択できる落ち着きとか。

一番意味がわからないのはフェイントの技術ですかね、ペナルティエリア付近で曲芸のようなL字フェイントとか連続でダブルタッチとかすごいです。

あのころのクリスティアーノ・ロナウドみたいに、みんな大好きなマンUからまたスーパースターが育ってほしい、そんな気持ちで書き綴るサンチョ選手の記事です。

続きを読む

生産性を上げる仕組み化の3つのポイント[正しい・シンプル・モチベーション]

業績を上げたい、人件費を減らしたい、そんなとき「業務効率化」ってよく言われると思いますが、そのために「仕組み化」が必要と言われると思います。

仕組み化してしまえば、誰でも効率よくできるようになるはずなので良いということですね、その意見には僕も賛成します。

その仕組み化するときに必要な3つの考え方というのがありまして、ひとつはその仕組みが正しいこと、ふたつめはシンプルであることです。

最後のひとつは仕組みを使って仕事に取り組む作業員のモチベーションですね、それだけあれば生産性は間違いなく上がると思われます。

続きを読む

ピーナッツを山ほど食べてしまった話(最終)[食欲との闘いに完全敗北した人間の末路=やっぱり食べ過ぎはよくないと思ったり思わなかったり]

最終話にしたいという意味で「最終」とつけてみたピーナッツの話の第三話、もしかするとまだまだ続いていくのかもしれないけど。

ピーナッツを食べ過ぎるたびに記録していく姿勢、今回はファミマのおつまみコーナーで燦然と輝くほどよい量のピーナッツに心打たれてしまいました。笑

78グラムという量が多いか少ないかは別として、一気に食べきるにはたぶんちょうど良い量、すでに悪魔が顔を覗かせている感じですが。

仕事帰りに憂さ晴らしも兼ねて購入、これもある意味で自傷行為でもあるのかもしれないと思いつつ、袋半分だけ食べようと心に誓う自分。

続きを読む

ワールドカップ2022予選で活躍してる137選手をピックアップ![サッカーW杯カタール]

ワールドカップ2022の予選が世界中の各地域で始まっていますが、4年に1度のお祭りをめいっぱい楽しむために、各国の注目選手をピックアップしてみることにしました。

4年前も選ばれていた選手ももちろんいまして、そこまで活躍していなかった選手が急成長していたり、全く無名だった選手が選出されていたりもすると思います。

そしてスポーツは選手の個性を楽しむのが一番と思っていて、日本代表だけでなくライバル国の注目選手もチェックしておくと、じっさい試合で当たったときなんかに2倍楽しめます。

ひと際輝く選手たちをピックアップしてみたけど、もっとこんな選手もとか、詳しく知りたいっていうご要望などもありましたら、うちの公式Twitterなどでお気軽にご相談ください。

続きを読む

モラルはルールよりも強いと法律(民法第90条)で決まっているという話

公序良俗に反することをルールとして決めると、それは無効化されるっていうスーパールールがあります。

なので、常識は法律よりも強しと言えるわけですが、それを超える非常識のスーパールールも世の中にはたくさんあってややこしいです。

非常識を信じる人は「常識を捨てて新しい人生を」みたいな考え方で、そうなるとこんどは「法律が最強の世界」で人生を送ることになります。

嘘を嘘と見抜けない人は、、みたいな話もありますけども、意図してかどうかわからないけど、ぼーっとしてるとインターネットにはとんでもないトリックが仕掛けられていたりするものなのです。

続きを読む